白髪の悩み

MENU

白髪の悩みは若ければ深い

白髪,悩み

白髪の悩みというのは誰もが持っていますが、遺伝に対する不安が白髪を増やすとよく言います。

 

若白髪は遺伝しやすいという説があり、実際にそうなる人も少なくありません。しかし遺伝だったかどうかは確認のしようがありません。白髪の遺伝は、たまたま親と自分が若白髪だったケースだけを取り上げて強調しているにすぎません。

 

不安感が心理的ストレスになり、その影響で白髪が進行してしまうケースの方が多いのです。髪は非常に心身の影響を受けやすい器官なので、精神的な悩みは白髪を助長することになり、さらに悩みを増やすことになります。

 

精神的な不安感が毛根の活動を大きく左右するので、白髪が遺伝するかもしれないと不安がって髪にストレスを与えるよりは考えたって仕方ないと開き直る方が得策です。

 

髪にはポジティブな影響を与える必要があります。白髪の悩みはつきませんが、今の時代、いろんな白髪用のカラーリングが発売されているのでどんな色にも染めることができます。泡タイプのものなら使いやすく、シャンプーの度に白髪用トリートメントをすれば次第に白髪は目立たなくなってきます。


関連ページ

妊娠中に使える白髪染め
妊娠中つまり妊婦さんが使用する白髪染めには注意が必要です。なるべく自然の成分中心で刺激が少ないものを選びましょう。
白髪が与える印象
白髪の印象は、いろいろ言っても圧倒的に老けになります。白髪染めをするかしないでは見た目印象はかなり変わります。
白髪が似合う年齢
白髪が似合う年齢ってなかなか高齢にならないと似合ないと思います。男性はまだ若くても似合う場合もありますが女性は老けて見えるので高齢になるまで白髪を隠すことが多いです。
白髪染めはみんなどうしている
白髪染めはみんなどうしているのでしょうか。自宅でしている人は、市販のカラー剤やトリートメントタイプですね。余裕のある方は美容院でします。頭皮に優しいとなると自然成分の白髪染めがいいでしょう。