クマを消す方法

目の下のクマを消す方法

目の下のクマ、疲れや具合が悪そうに見えたり老けて見られる原因の一つですよね。

 

 

一度できてしまったクマって多少薄くなったりするものの、濃くなることはあっても一瞬で綺麗に無くなるなんてことはないですよね。

 

 

ぐっすり寝ても、美容液をつけたり温めたり…
雑誌やTVや口コミでのあらゆる方法を試しても「くま」の悩みから解放されたという人は少ないのではないでしょうか。

 

 

コンシーラー等の化粧品も一歩間違えば「くま」をより目立たせてしまう事があります。

 

まず「くま」には色んなタイプがあるのをご存知ですか?

 

そしてタイプによってメイクを使い分けます。

 

  • 色素沈着による「茶くま」:これはほとんど毎日消えることなく存在し続けます。コンシーラーはイエロー系を使用しましょう。
  • 血行不良による「青くま」:その時々によって濃くなったり薄くなったりします。疲労・寝不足・冷え性・喫煙なども原因。コンシーラーはオレンジ
  • ピンク・ベージュ系を使用しましょう。
  • 加齢による「黒くま」:しわや目の周りのむくみやたるみ
  • 窪みによる影がくまのようにみえるタイプ。

 

どのタイプも自分の肌により近い色を使用しましょう。

 

 

自分の肌より明るすぎると「くま」がぎゃくに目立つようになるので注意!

 

軽度ならコンシーラーではなくベース用のコントロールカラーを使うとより自然にカバーできます。

 

コントロールカラーだけでは隠しきれない「くま」にはリキッドコンシーラーが使いやすいでしょう。

 

指先に少量とりトントンと馴染ませるように使います。

 

筆タイプの物も便利です。

 

しっかり色づいてしまった「くま」には練り状のコンシーラーが良いでしょう。

 

色が濃いほど濃くつけてしまいがちですが、けして厚塗りせず今まで通り少量ずつ優しく指先で馴染ませながら使用しましょう。

 

よれを防止するために目元用のパウダーを上から乗せるのも良いでしょう。

 

「黒くま」や前記だけでもカバーしきれない重度の「くま」にはコントロールカラーの上に練り状のコンシーラーやベースカラーを混ぜて使用するとしっかりカバーできます。

 

 

コンシーラーは「くま」のタイプや使用するコンシーラーの種類を問わず薄塗りが基本です。

 

 

固いコンシーラーや厚塗りは「よれ」の原因となるので注意しましょう。

 

 

クマを消す方法

また化粧終了後に再度上からコンシーラーで隠そうとすると返って不自然になり人の目が目の周囲に行き余計に気になってしまうので、目の下にパールパウダーや白っぽいラインを自然に入れたりすると光の反射で目立たなくなりますよ。

 

 

これだけ頑張ればあとは明るい表情を心がけるだけでOK!

 

 

クマが気になるからとうつむいたり手で覆ったり暗い表情をしていると折角の綺麗なメイクが台無しになってしまいますよ。

クマを消す化粧品

あなたのクマは何クマでしょうか。

 

もしメラニンが原因で起こった茶クマであるなら、美白化粧品によってクマを消すことが可能です。

 

特にビタミンCの成分がたっぷり入っている美白化粧品だと効果が高くなります。

 

ビタミンCには目の疲れを取ったり、目の下のクマに良い効果を与えることができるからです。

 

また、茶クマは紫外線の浴びすぎや目の周りを擦り過ぎたせいでメラニンがたくさん作られたことが原因で起こるとも言われています。

 

そのため、肌のバリア機能アップや紫外線カットをする素晴らしい機能を備えた化粧品なら尚のこと良いです。

 

 

化粧品は手軽にクマに効果を発揮することができるのでオススメです。

 

乾燥などにより肌のバリア機能が弱ってしまうと肌は段々と新陳代謝が悪くなってクマができやすくなります。

 

そのため保湿もすごく重要ですので、コラーゲンなど保湿成分に優れた化粧品を選ぶと良いでしょう。

 

最近はコラーゲンがたっぷりと配合された化粧水や美容液などが段々増えているので、是非お使いください。

 

茶クマを消すためにはこのようにビタミンC、コラーゲンが配合されて保湿に優れ、肌の新陳代謝を良くしてくれる化粧品が有効です。

 

この点を重視して化粧品選びをすると良い効果を得られるでしょう。

 
敏感肌お試し化粧品セット クマをなくす方法